« 慰霊祭 | トップページ | 黒い悪魔と白い天使? »

2008年3月 2日 (日)

かれらの声

保健所に行ってから、聴こえる声があります。

仕事に向かう車の中。

夜、寝る前。

聴こえると言っても、私の勝手な想像です。

声といっても私の考えた声です。

彼らはこんな風に思ってるんじゃないかな~と

勝手に考え凹むのです。

そんな声をカタチにしておきたいなと思ってしまいました。

本当に勝手な想像ですが。

かれらの声が聞こえる気がします。

Imgp6461

ここはドコかな。

お父さん(お母さん)はまだ来ないのかなぁ。

早くお散歩に行きたいな。

迎えに来たらいっぱい褒めてもらお!

ちゃんと待ってたねって。

ねぇ、触って。

いい子だね~って褒めて。

ちゃんとお利口にして待ってたよ。

Imgp6469

ここは暗いなぁ。

とっても寒いし。

外に出てぽかぽかのお日様の下で日向ぼっこしたいな。

もう、ずっとお日様の光を浴びてない。。

Imgp6465_2

早く帰ってお父さんの猟を手伝わなきゃ。

ぼく頑張るんだから。

頑張っていっぱい褒めてもらうんだから!

Imgp6462

なんだか嫌な臭いがする。

なんだか嫌な予感がする。

みんなドコから来たの?

なんでココに居るの?

いつまでここにいるの?

ねぇ、出してくれる?

早く出たいね。

早く迎えに来ないかな・・・。

そんな声が聞こえる気がします。

彼らはきっと飼い主さんを待ってます。

ずっとずっと。

死ぬまでずっと。

捨てられたなんて知らずに。

気付いてるコも居るかもしれない。

気付いて欲しくない。

気付かなきゃいけないのは人間であって動物達じゃない。

慰霊祭の記事をリンクして下さった方がいます。

本当にありがたいコトです。

にゃんず日記のなおちゃん@もも組さん

エステルの生活の緋佳さん

ありがとうございます。

みやざき動物のいのちを守る会のブログでも紹介して頂きました。

一緒に行ったmikeさんも慰霊祭のことを書いてます。

こちらもぜひ、見てください。

  ★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

数日前からうちに黒い悪魔・・・いやいや、黒い小悪魔がいます。

それについてはまた今度。

Imgp6535

にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ 可愛いだけじゃ駄目かしら。。

|

« 慰霊祭 | トップページ | 黒い悪魔と白い天使? »

ペット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

保健所」カテゴリの記事

コメント

馬鹿で愚かな飼い主、
それでもこの仔たちは信じて待ってるのよね。
最低の飼い主がこの仔達の頭を一撫でするだけで
一生分の幸せ貰ったように喜ぶんだよね(T_T)
そして自分のすべてを投げ出し忠誠尽くす。
きっと天国に行っても待ち続けてるんだろうね。
不憫な命たち。だからこそこんな飼い主は絶対許せない!
私が天国の門番だったら、この仔らの飼い主は地獄に落とします。


出たー 小悪魔め
ピコちゃんペコの言う事聞いて、自立するんだよ!

投稿: mike | 2008年3月 3日 (月) 10時17分

ありがとうピコさん
物言えぬ彼らの代わりに想いを伝えてくださってありがとう
その言葉に思わず泣いてしまいました。
管理所数回通ったけど、慣れるということは有り得ません。
行く度にその都度、新しいワンコが居て、それぞれに生きてきた犬生があるからです。
どうしてここに居るのか・・・・
ここに居てはいけない子達がいっぱい
人間の都合で消されるいのちたち

きりがないですね、この話は。

投稿: チワマー | 2008年3月 3日 (月) 13時59分

管理所のワンコ達のこちらを見るまっすぐな目。
私、目をあわせられなかった・・・
チラ見なんどかしてやっと見れました。
言葉は喋れないけれど目が語ってる。
ピコさんのいう通りですよ。
ずーっと待ってるのに・・・飼い主さんが来てくれるのを。

白ペコちゃんの隣の黒トイプーはどなた??

投稿: sachiko | 2008年3月 3日 (月) 14時53分

待ち続ける思い。
信じていた思い。
可愛がってくれた思い。
楽しかった思い出。

全て、過去なんですね。

どうして未来は無いんでしょうね。 誰が未来を決めたんでしょうか。 全て人間の勝手な決め事。そんな権利は無いはずです。 

投稿: アユ・ファミリー | 2008年3月 3日 (月) 18時18分

★mikeさん

本当に。
バカで愚かな人間です。
あそこで見た子達の大半がシッポを振って私達を迎えてくれました。
あの健気さ。
褒められるコトが大好きなワンコ達。
触ってって言うように見つめてきて、手を舐める。
本当にやるせないです。
大丈夫、門番がmikeさんでなくてもこんな飼い主は地獄に行きますよ。

でたーーー小悪魔ちゃん♪
でもだんだん暴れる回数減ってきましたよ♪
アップしますからね~~

投稿: ピコ | 2008年3月 3日 (月) 23時06分

★チワマーさん

いえいえ。
私はまだ1回しか行ってないですからね。
きっと何回行ったって慣れることはないでしょうね。
慣れても駄目なんですよね。
でも仕事でされてる方は慣れないと死にそう・・・。
本当にこの話は尽きません。
こんなコトが無くなるまでは。

そう、ワンコ・ニャンコ達にも犬生・猫生があったのに。。
人間は傲慢です。

投稿: ピコ | 2008年3月 3日 (月) 23時11分

★sachikoさん

そうなんです。
彼らはまっすぐ見てきます。
純粋でちょっと寂しそうな目で。
見れないですよね。。
本当に犬って目で語る動物です。
目に全てが浮かんできます。

横のトイプーですか?
うふふ。内緒です♪
アップしますから待っててください。

投稿: ピコ | 2008年3月 3日 (月) 23時14分

★アユ・ファミリーさん

全て過去・・・。
悲しい現実ですね。。
未来を与えるのも人間なら奪うのも人間。。
与えたり奪ったりそんな権利あるのかな?
なんだか傲慢な気がします。

未来を決めるのは人間じゃないですよね。
動物の命は動物のものです。

投稿: ピコ | 2008年3月 3日 (月) 23時17分

捨てる人たちにこの実情を知らせたい!
きっとわかっていないはずですよね?
わかってて捨てるのならそれは・・・・・
私もたまに散歩に連れて行っていたワンちゃんの飼い主が自分達の都合で捨てたと聞かされた時は憤りました。
あのコもこういう暗い場所で最期を迎えたのかと思うといたたまれません!(そうであってほしくないと心のどこかで願っていますが・・・)

投稿: グレーちゃん | 2008年3月 3日 (月) 23時26分

★グレーちゃんさん
本当に!
こうゆうブログを一番読んで欲しいのは捨てる人達です。
でも、きっと、読んでくださるのはこういうコトに心を
痛めてらっしゃる方・・・。
なんだか悔しい気持ちです

グレーちゃんさんはそんな経験をされたんですね。。
それはすごく辛い・・・。
こんなとこで最後を迎えてないことを願います。。

投稿: ピコ | 2008年3月 4日 (火) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かれらの声:

« 慰霊祭 | トップページ | 黒い悪魔と白い天使? »